水鉢(手水鉢)
茶事の時に客人は席入りする前にここから
柄杓一杯の水を 取り、
手を洗う事によって身を清めることから
庭園によく置かれています。
実際の茶事にはこの水鉢を主として構成され
これに役石をおいて趣を加えたものが
「つくばい」と呼ばれている。